サイトマップ

TOP » DHAEPA知っとくガイド » DHAとは何者か?

DHAとは何者か?

DHAは青魚のサラサラ成分で、健やか健康値!回転もすっきりクリア!

DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略です。
テレビや健康雑誌ではよく聞くのではないでしょうか?
青魚、とくににマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれる不飽和脂肪酸のことで、日常の生活からはなかなか摂取しにくい成分であり、サプリメントや健康食品から補うのがベターと言われています。


脂と聞くと敬遠されされがちですが、豚や牛などの脂とは全く別物です。
不飽和脂肪酸は魚の脂肪分や植物の油に多く含まれます。

DHAは現代人に「必須」と言うだけに、私たちの健康を支えてくれる様々な働きを持っています。

それほど大切な存在でありながら、やっかいなことに体内ではほとんど作られず、外部から摂る--つまり食事を通じて摂取するしかないのです。

DHAは加齢とともに確実に減っていきます。

魚が嫌いな人や青魚などをあまり積極的に食べない方はぜひサプリメントや健康補助食品で補うようにしてみて下さい。

DHAが特に豊富に含まれているのが、青い背の魚、つまり「青魚」です。

日本人はもともとお魚をたくさん食べる民族でした。
ところが戦後、ライフスタイルの変化につれて日本人の食生活も大きく変化し、欧米人のように肉類やサラダオイルなどの油脂類をよく食べるようになりました。その結果、栄養のバランスがくずれ、近年では中性脂肪やコレステロールが異常値を示す人の割合が増し、生活習慣病発病率の増加が深刻に懸念されています。

健康を維持するためには、動物、植物、魚類をバランスよく摂らなければなりません。

洋食に偏りすぎている食事スタイルの人、お魚をあまり食べない人ほど、意識してDHAの摂取量を増やすとよいでしょう。